薬剤師 スキルアップ

薬剤師のスキルアップ

薬剤師のスキルアップについて

薬剤師,スキルアップ

薬剤師は、薬学部を卒業し薬剤師国家資格に合格したあとに薬剤師名簿に登録申請し厚生労働大臣から免許が与えられることにより得られる資格です。薬剤師の仕事は、調剤や医薬品の供給であり、この資格が必要な就職先としては、病院・診療所などの医療機関のほか、調剤薬局やドラッグストアなどがあり、また医薬品の販売業や学校の保健室などがあります。また資格を必要としない場合でも、その知識と技能を活かした就職先として麻薬取締官や、新薬の開発、保健所職員、科学捜査研究所所員などがあります。実際に資格を得た時点では、一定の知識を有していることを示しているだけであり、スキルアップは資格取得後の実務経験でかなり異なります。 例えば大手のドラッグストアなどの場合には、医薬品の販売や調剤を行ったりすることから始まり、お店での責任者やそのブロックやエリアの責任者などに出世することができます。ここで重要とされるのは、人を扱う経営的なセンスで本来の薬学を活かしたスキルアップとは言えません。 一部のドラッグストアでは研修を通じて薬学知識の向上をサポートしてくれているところもありますが、本格的に薬学や技能を学ぶための研修認定薬剤師制度もあります。ここで認定されることにより最新の薬学の知識があることを示すことになり免許更新と同等の効果を期待することができます。 40

薬剤師の資格取得方法は国家試験合格以外にない

薬剤師,スキルアップ

世の中に存在する資格には複数の取得方法が定められているものもありますが、薬剤師の資格取得方法は薬剤師国家試験に合格する方法ただ一つしかありません。国家試験が大学や大学院で薬学を修め終えた者を対象に行われている点も考慮すると、大学受験で6年制の薬学部が設置されている大学を志望して合格することも、資格取得要件であるといえます。また、法律では、特別な理由があれば薬剤師の資格を持たない医師も調剤業務を行うことができることになっていますが、薬剤師以外が調剤業務を行うことはできないという考えが大原則となっています。 国家試験は全国数箇所の会場で1年に1回行われています。試験はマークシート方式で行われており、記述問題はありません。合格基準は結果発表とともに公表されますが、全問題の総得点、一般問題の科目別得点、必須問題の総得点と科目別得点の4つの得点が全て規定の水準以上になっていなければ合格となりません。 近年の薬剤師国家試験は、ほぼ毎回1万人以上が試験に臨んでおり、合格率も70%以上に達しています。そのため、参考書等で要点を理解し、問題演習を行って出題傾向を把握するといった基本的なことを怠らなければ、不合格になることはないでしょう。 41
 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ
42